宇宙のどまんなか

遠くから見えるあの星が君だよ

どうにかこの息苦しさを言葉にしたい

このタイミングなら本当は「あーまじで今年のツアー最高だったよね!」とか言いたいのにそれの前にこんなことになってしまってる自分が情けない。でも一旦ワーッとまとめておきたい。

 

最近私はどうも情緒不安定だなと感じていました。自分だけの感覚なのかもしれません、はたから見れば「そう?」「いつもと変わらなくない?」「むしろいつも躁鬱テンションじゃない?」と思われるかもしれません。

PMSの自覚があった私はたまに来る気分の落ち込みやイライラも全て女性特有のホルモンバランス的なものかなと思って数ヶ月過ごしてたのですが、どうも違うような気がすると。じゃあなんだ、私が落ちる理由はなんだと、考えました。

1つの可能性として頭に浮かんだ言葉が「SNS鬱」でした。メンタルヘルスには明るくないのでこの場ではこの言葉を「状態を表す言葉」として使わせていただきますが、なんでも検索する現代っ子(っ子という年代なのかはさておき)なので、すぐ検索しました。めんどくさいのでその時検索したことを思い出しながらざっくりまとめると、「SNSで自分の発信に対する望み通りの反応を期待しすぎてつらい」「他人と自分を比較してつらい」的な感じでした。

 

突然話は変わりますが、私がA.B.C-Zにハマったのは5年前です。当時既にKinKi担としてツイッターライフをエンジョイしていました。KinKi担としてワイワイしてみたり、プライベートの人生イベントも結構フォロワーさんに相談したりして楽しくやっていました。A.B.C-Zに転がり落ちて3〜4年は「私はあくまでもKinKi担。えびの現場はまだアウェイなので大人しくしていよう」だったのでメインはKinKi、だったのですが、4〜5年目の間に転生()したっぽくて、いつの間にか「どうもえび担です」ってプラカード首から下げてるみたいなつぶやきをするようになりました(降りてません)。

あくまでも私が感じたことですが、えび担ってみなさんすごくいい人。優しい人たちばかりです。そんなえび担の仲間入りがしたくて、私もいい人になりたくて、少しでもA.B.C-Zをバズらせたくて、半ば必死にツイッターでの活動を行うようになっていくわけです。番組はタグつけてリアタイつぶやき!公式関係アカの関連つぶやきは欠かさずRT!批判的なつぶやきはネガキャンになるからしない!とか。

えび担になったから始めたことじゃないんです、KinKi関連でもそういうことはずっとやってきたはずなんです。ところがどうしましょう、苦しいのです。「いいことしよう」というのは心がけてるけど本心とつぶやきの内容がかけ離れてたことなんてないのに。なんでだろう?と思ってよく分からなくなって、ちょっとこれ、一旦離れてみるか、と思ってつぶやくのやめてみました。

上の書き方の通り、つぶやきをやめてるけど閲覧は続けています。でも以前に比べて圧倒的に頻度は減ったし読み込まなくなりました。

 

話を戻します。SNS鬱というワードにぶち当たった私は自分を省みてみました。「存在感・影響力のある人になりたいと思っていなかったか」「いいねやRT数に一喜一憂していなかったか」「自分の感想と周りの反応の剥離に思い悩むことはなかったか」等々。恥ずかしながら、思い当たる節ありありでした。自分のツイートを読んでる人がいっぱいいると思い過ぎてる(プラスアルファ、自担も目にするかもしれない現実)。まずはこれをどうにかしたい。承認欲求を心から消す必要はないのでしょうから、その場をSNS以外に求めればいいだけの話です。それは仕事なのかもしれないし、家族なのかもしれない。自分で自分を褒めてあげられればそれでもいいのかも。

自分の発信以外にも、私は他人のツイートにさえ疲弊することが多くなっていました。これももちろん私の受け止め方に問題があると思います。自分にないものを持っている方、一生懸命何かを頑張っている方、羨ましいほどに鋭い分析ができる方や着眼点が素晴らしい方など。尊敬するわ〜と思う裏側で私が抱いたのはあれです、「僻みといいます」(トラウマワード)。無い物ねだりをごろ寝しながらしています。最悪ですね。そんな自分に気づけたのもこうして落ち着いて自分を見つめ直す時間ができたから。そう考えると、思っていた以上に私はツイッターに日々を支配されていたのだなぁと思います。中毒ってこういうことなんでしょうか?

それに気づいたから何かします!と宣言するとプレッシャーになるのでしませんが、ツイッターをやめてから1週間で、
・目当てのところ以外読んでなかったドル誌を隅々まで読んでみたら他のジャニーズが意外とA.B.C-ZKinKi Kidsの名前を出してることに気づく
・伝打伝助のバックナンバーを開くとページ下部に伝さん仕様のBackボタン・Nextボタンがあることに気づく
・TVをよく見るようになる
・PON PON ポシュレでEMSを買う
・トガリくんの作文を朗読する

 

などという感じで過ごしています。元気です。言葉にして書き残せて少しだけスッキリした気がします。では、もうしばらく静かに過ごします。

A.B.C-Z 4thAlbum「5 Performer-Z」

今回も盛りだくさんなこのアルバム、手に取ったばかりの今の感想をまとめておきます。

 

【楽曲】

 01.テレパシー One! Two!

A.B.C-Zにぴったりの曲。というのも歌詞が本当にいいんですよね。「ツライことも君の想いをパワーにがんばれる!」的な。そんな風に思ってもらえたらオタクとしてはこんなに嬉しいことはないし、逆に彼らからパワーもらってる自分に置き換えてもOKな詞。あとこの曲聴きながら掃除とかするとめっちゃ捗る。たぶん活動のパワーが宿ってるんだと思う。

 

02.ドキナツ2017

これがA.B.C-Z5人で作詞した曲ですか?なんて…なんて可愛い曲(涙)実は「ドキナツってなんだよ」って私も思った正直思ったよはしちゃんとおそろい。だけどこれを考えたのが河合くんだと雑誌で知って「…知ってた」って天を仰いだよね。思惑通り気づいたら耳に残るので口ずさんでいます。あと仲良し大好き箱推しファンからしたらこんな曲こそA.B.C-Zだよね!かわいい!って思えるのではないかと。コミカルなわいわいソング。

 

03.Endless Summer Magic

好きしかない。キラキラしていてキャッチーなメロディとロマンティックな歌詞。だって好きな言葉は永遠*1掛け声的に挟まれる「えんどれっさーままーじっ!えんどれっさーままーじっ!」がいい味出してるよね。この曲さえ聴いて過ごせばこの夏めっちゃ充実しそうな気さえするよ。私のアイドル像ドンピシャ。ほんと好き。私も一番好きだよ河合くんとおそろい〜。好きなところはいっぱいあるんだけどちょっとかわいいなって思うのは橋本くんの「空回りでごめんなさ〜い」

 

04.Whippy

湿り気。夏の夜の秘め事だわ…。ここは曲順が秀逸だなと思います。1曲目からわいわいキラキラしてたのに急に色気を漂わせてくる。しかもきれい。お上品なの。A.B.C-Zこんな一面もあるんだってギャップを感じられる流れで好き。

 

05.Love To Love You

いやーこれは好きだわ。王子様にそんな切ない恋の歌歌われたら恋に落ちるしかない。橋本くんは切ない恋愛曲すごい合うなって思います。ほら、KinKiの「声がマイナー」って感じ*2。橋本くんもそっちなんじゃないかって思うんです。辛い恋をしてこの曲を聴きながら涙を流したい。

 

06.Mr. DREAM

イントロからひょいと腕を引っ張られる気持ち。スーパーポジティブになれるよね。五関くんの明るい曲ってあまりイメージがなくて、毎回新鮮な気持ちでこの曲を聴いてます。デジタル感のあるアレンジが高まる。あと五関くんの歌がパワーアップしている印象。表現力が上がった(偉そうにすいません)。

 

07.OTAGAI☆SUMMER!

「今年はかっこいいソロになる」と煽ってきてくれた河合くん。第一印象としては「え…かわいい…と思ったらサビがすごいかっこいい!いやでも他全部かわいいし…え?」戸惑いました(笑)Def TechのMicroさんに書いていただいたということですが私がその辺の音楽に疎いからなんでしょうきっと。河合くんが大変お気に入りのようなので私はそれだけで幸せです(ちょろい)でも気づいたんだけど歌詞紐解くとなかなかユニークだけど耳だけで受け止めると聴き心地いいですよね。でもやっぱりかわいいや。「スリーサイズ上から85・58・88!?」と「こんやはひとつになろおよぉ!」でフフッ…てなるんだけど不審者ですか私は。

 

08.アツあつ!?夏フェス☆!!

最強アイドルソングきたわ…ヒャダインさん×つかリカちゃんとか化学変化起きないわけないし…それにしてもこれは2人の世界観の合致がめちゃくちゃ上手くいったんだろうな〜と思う。聴いててすごい楽しい。夏フェスとかタイトルにあるのにずっとネットサーフィンしてるなんて予想外にもほどがある。この発想力。そしてキャッチーなメロディ。リカちゃん!リカちゃん!リーカちゃん!ってはやくコールしたい(1人でしてる)

 

09.Dolphin

あー!戸塚さんだなーー!って感じのイントロから歌詞からもうどっぷり戸塚さんの胸の中!って感じ。ただひたすらに青く居続けることの素晴らしさを彼は体現してくれていて、いつまでも可能な限りなくさないでいてほしいし、大切にしていきたいと思う。そしてあのセリフ。涙出てくる。間奏「Let's Go!!!!!!」の掛け声から始まるセリフパート。この雰囲気、熱さ、戸塚さんにしか出せない青い炎…ありがとう…好き…。

 

10.Fire in Love

強いA.B.C-Zきた。ガシガシ踊りそうなかっこいい曲ってジャニーズなら必ずあるよね!こういうの欲してたよ!求めてた!よくご存知で!好きです!!!すでに頭の中で彼らが踊り歌っていてそのあまりのかっこよさにオーバーキル。間奏からのテンポが落ちるあのパートの辺りが特に胸を掴まれる。

 

11.Glory Days

5人でのハモリに初挑戦しました!というからどんな泣かせバラードかと思ったらRap詞入っててかなり意外でした。イメージで言うと、インディーズのアーティストが書いた曲がラジオや有線で広まって人気になるみたいな感じの曲。リア充のティーンが好きそう。CDだと橋本くんのリードボーカルがとにかく強い印象なんだけどこれはコンサートなどでパフォーマンスを見てみたい気持ちが強い。

 

12.Reboot!!!

5周年のA.B.C-Zを強く印象付けてくれたこの曲が最後に来るってニクい曲順だよなぁ。待ってました!と思っちゃうもんな。問答無用で高まる曲なんです。アルバム通して聴くとこの曲の印象がほんと「A.B.C-Zっぽいわー!」ってなってる。

 

BT1.Lily-White

井手先生…!(がっちり握手)Vanillaとかボニバタ好きなら好きだよね…うん好き…。寂しがりやに「構ってくれ 寂しがりや」って歌割り振ったのすごいありがとうです…かっこいいかっこいいって胸を押さえながら聴いてる私の「ひっ、かわいい…」ポイント。ごめんなさいコメントの内容が薄くて自分で自分が悲しいんだけど好きです。言葉にできない(逃げた)。

 

BT2.All My Everything

リア恋ファンはこういう曲に弱いと思うのは私だけでしょうか。純愛バラード。この曲の河合くんの芯のあるまっすぐな声が好きなんだ。特に「照れくさいけど」がめっちゃ好き。あー声がかわいい。これに限らず、こういうシンプルなバラード曲は声が堪能できていいよね。それまでのあんな曲やこんな曲を歌ってきた彼ら、こんなにも優しい歌声出せるんですよ…心があったかくなるのです。まるで友達の前ではわいわい騒いでふざけてたのに2人きりになったら優しく手をつないでくれたみたいな。

 

全体的にコンセプトの「パフォーマンス」にある通りいろいろな挑戦をしているアルバムだなぁと思います。なんねんたっても初めての経験を大切に、一歩一歩踏みしめながら進んでいくのが彼らのスタイル。って言ってもいつだって加速の準備はできてるのです。その時を今か今かと待っている、ざっくり言うと「A.B.C-Zキテますよね!!」ってアルバムです(ただただ雑)

*1:KinKi Kids「このまま手をつないで」より

*2:山下達郎さんに言われたという

A.B.C-Zファースト写真集「五つ星」イベント5部参加レポート

本日5/21、「五つ星」TSUTAYA限定版にのみ封入されたハガキでの応募で選ばれた2000名のみが参加できるイベントに、運良く当選しまして、行って来たのでレポ的なものを書きます。

※メモを取りながら見てたわけではありませんので記憶違いがあるかと思います。また、河合担のためか記憶が極端に偏ってしまっているのでご了承ください、ごめんなさいw

 

 

都内某所、イベントホールにA〜N列が前から後ろへ並び、下手1番〜上手30番(Lぐらい〜Nは中央抜けあり)で座席が用意された会場でした。

1部から5部までの開催が当選ハガキに記されておりましたが私が当選したのは最終回となる5部です。

当選ハガキと身分証明書の提示が必要なイベントで、当選者1名ずつしか参加できないので友人と一緒に参加できた人は偶然でもない限りいらっしゃらないのではないでしょうか。

トークショーとハイタッチ会といった内容なので、孤独に接触を待つのは非常に緊張感がありました。
前方中央にプロジェクター投影用スクリーンがあり、入場時間は注意事項が映されており、BGMにABC STAR LINEが頭から流れていました。たぶん。〜S L Boyまではフルで流れ、DREAMIN'!!の頭で音がフェードアウト。会場が暗くなりオープニングムービーが流れます。
「ハリウッド超大作」映画ばりの壮大な感じの煽りムービーで画面いっぱいに文字が次々と、
構想期間約2年
総撮影日数221日(ぐらい?正しい数覚えてない)
総撮影枚数16527枚
平均年齢28歳(ここで笑いが起こる)

BIG

PROJECT

そして橋・戸・河・五・塚の順番で1人ずつが、掲載写真からされてない写真からオフショットから、かわるがわるたくさん映る、1人ではないものもたくさん映る。

そんな感じでムービーは終わり、会場が明るくなって声とともに会場後方から5人登場。

真ん中が通路になってて客席の間を通って前の壇上へ一列に並んでお手振りしながら進む。
ステージの並びは下手から戸・塚・橋・五・河。話の流れで動きはあったけど大体終始この並びだったかな。

【服】

とっつーは全体的にベージュっぽい淡い色合い?のTシャツに羽織シャツ。

塚ちゃんは大きめシルエットのTシャツ。茶・赤・黒の三色切り替え。

はしちゃんはTシャツにデニムシャツに黒パンだったっけ。

五関くんは紺の襟付き(?)シャツ

河合くんは白地に赤文字ロゴのTシャツ、グレーのロング丈のカーディガンみたいなのを羽織ってて黒パン?

(全身はあまりしっかり見えなかったので下がほとんど思い出せない)

 

オープニングトーク

河「1人ずつ当たってるからあんまりお友達と一緒とかじゃないんでしょ?」

と客席を見回すえび。

河「1部は新入社員の…緊張しちゃってなんか、入社式みたいになってましたけど、後ろから見てたら背中こんな(丸まる)感じで(笑)今回は保護者っぽいというか」

五「親目線な感じですね」

河「初めての学芸会!みたいなね」

河合くんに保護者呼ばわりされた。ばれてる。


河「5部ということで今日はこれで最後ですけど、今日一番盛り上がってますね!」

と煽られたので拍手と歓声で盛り上がる。
客「フゥ〜!!」

河「出るなら最初からその声出してよw」
橋「いやでもねぇ、そんな来られるとねぇ、逆に引くわw」

笑う客席とお兄ず。口々に

「違うんだ」「出し過ぎてもだめか」「難しいな」
難しいはしこと甘やかし過ぎてボケ潰しなお兄ず。最高。

A.B.C-Zみんなすごい客席見る、知ってたけど。
見渡して真ん中あたりにいたちびっこに

「お子さんも来てくれててね〜」

と手を振る河合くんの「ありがとねぇ」

これがとても優しくて可愛かった。

「男性もちらほらいますねー」など。

河合くん上手側最前列の男の子を見つけ「男の子も来てくれてる!」と壇からから降りて近寄って話しかける
「何歳?」「10歳?」

壇上に戻りながら

河「小5かー。小5は俺プープープー出てたころ」※追記:「見てた」だよね多分。聞き間違えだと思います。
五「なっつかし!」

河「森田剛くんのドラマね。剛くんの真似して古着着てた。でも俺の古着はお兄ちゃんのお古だったからね」
男の子に向かって

河「明日学校で自慢してね!いい?自慢できるよ!

『セクシーゾーンのイベント行ってきた』って

クラスの女子に」

(ここすごいウケた)
五「そこは言ってもらおうよちゃんとw」
河「じゃあ『セクシーゾーンと同じレコード会社の人のイベント』って」
五「最初はA.B.C-Zの名前出してもらおうよwで、もしわかんなかったらその時はセクシーゾーンて言ってもらって」

河「来てるってことは写真集見たんだよね?全部見た?」

塚「おしり見た!?」

河「そこは見てないんだ。お母さんがダメって?そっかー。小学生だもんね」

五「ちょっと刺激強いもんな」

河「まだおしりとラブホ経営学は見れないよね。ウキュキュキュww」

(突然のちゃんずーネタにウケる客席)

 

続いて河合くんから「これから写真集の撮影模様を見てもらおうと、メイキング映像用意してます!ちなみにこれ毎回違う映像ですよ。アルバムにもメイキング入るけど、そこにも入らない映像、今ここで皆さんしか見れない映像ですからね」

「貴重ですね!」メンバーの相槌

 

メイキング映像
【台湾の寺院】※柄シャツ

戸橋河の3ショット

河「日差しがいい感じでしたね」

橋「きもちよかったよね」

撮影してない所でストレッチ?トレーニング?する塚ちゃんが映る。矢印で指されながら「入念にストレッチ」とかテロップ出される。

河「ここの…住職さんて言うのかな?お茶とか出してくれたよね」

【温泉】

メンバーざわざわする

「このシーン来るの?」「まさか…」「出ちゃう!?」

ひとまず映せる撮影風景が続く。

五関くんソロショット。
河「うーん!いいね!いい胸筋!」

続いてとっつーソロショット。

河「いいおっぱい!」
五「胸筋とおっぱいなんの違いなの」

河「え?いいじゃん、いい胸筋!」

(答えは出なかったけどなんとなくわかる)

5人並びの撮影。
「これもしかして?」「出ちゃう?」「このあとアレだったよね?」
しかし無情にも木の上シーンに切り替わる
河「映んなかった」

客席「あー…ww」←みんな正直だな

【木の上】

塚ちゃんが登り終えてとっつーへ手を差し伸べているシーン生実況。
戸「手は使いません、頑なに掴みません、絶対に掴みません」
塚ちゃんの手を無視し続けるとっつー、ニコニコと差し伸べ続ける塚ちゃん。

(ツンデレとっつー)
3人目はしちゃんもスムーズに登り「高いところが平気な三人」とのテロップ
五関くんと河合くんの怖そうな表情、体も固まっていて五関くんがはしちゃんの手に掴まっているシーン
河「お前の方が怖がってんじゃん」
五「違うよ俺は良亮が手を差し伸べてくれたから掴んでるだけ」

(五関くん認めないのかわいいw)
でも「顔が引きつってる」って2人まとめてテロップ出されてるw
木から降りる河合くんの救出作戦。
下から体を支えて少しずつ下ろす3人と、「このアングル面白い(笑)」と1人面白がる塚ちゃん

よそ見してたら河合くんの足?が塚ちゃんの顔に当たる。

「天罰」のテロップw

無事降りれた河合くん、服をめくってお腹を気にする。

(痛かったね〜がんばったね〜よしよしよしよしという気持ちにさせられた)

【街並のシーン】
荒木カメラマンより「ふざけて歩いてみて」という指示。

先頭の塚ちゃんが後ろ歩きで手を上げてまさに
サザエさん(BGMつき)
河「サザエさんはみんなウケるねw」

真ん中が河合くんだったけど「ふざけて歩く」の指示を受けて前の人(誰だっけ…)にくっついてるのがめちゃくちゃ可愛かった。
塚ちゃんソロショット。

歩道の木にぶら下がって体を揺らす少しアクロバティックな撮影。

降りてそのまま木の下に寝転がり「寝転がっちゃう塚ちゃん気持ちいい!」という撮影しながら謎の独り言を言うかわいい塚ちゃん。
…で、映像終了


メンバー口々に「危なかったー」「見たかった?」とおしりを出した撮影シーンの心配w

河「前貼りも何もしてなかったから、下手したら下手するよ?」

塚「動画で見るのもいいかもねぇ」

(いいのか塚ちゃん)

河「あれも映像撮られてたならアルバムのメイキングに入ってるかもしれないよね!?」

スタッフさん見て

河「あれは撮ってないんだ?確かに、女性のスタッフさんもみんないなくなったもんね。でも荒木さんは全部知ってる(笑)」

五「荒木さんすごいもんね、フツ〜に『じゃあ次脱いでみようか』って」

塚「そう!自然な感じで『はい』『はい』でいつの間にか…ハダカ!」

河「あなたは常にそうみたいなところあるけどw」

 

【どの流れか忘れたんだけどこんなやりとりもあった】

戸「五関くん水を口からこう首にたらしてたのあったけどどうだったの?」
五「あれ意外と難しいんだよ、つい飲んじゃって」
河「口に入れると飲んじゃうから?」
五「条件反射でさ。あれは首筋を見せたかったんですよ」
戸「…ほう!五関くんは自ら出した案なんですね!?首筋を見せたくて!じゃあ水を垂らそうという!」
五「そう」
戸「水を垂らすのが目的じゃなく!首筋を見せるのが目的だったわけで、水を垂らすのはあくまでそのための手段!!」
五「そういうこと!」

(戸塚さんによる謎の興奮。身振り手振りで熱量がすごい。五関くんも何も笑わず受け入れててわろた)

 

【再現コーナー】
写真集にあるヴェールをかぶった写真をこの場で再現しようということでヴェールが用意されてる。

戸「これ実際に使ったやつですか?こんなサイズだったっけ?」

(ということは五関くんパーソンの蚊帳では…!!!!!)
塚ちゃんが執拗にとっつーにかぶせようとする
戸「なんで俺ばっか狙うんだよ!ドッジボールだったらイジメだぞ!」

(ドッジボールwwwだったらwwwイジメwww)

この組み合わせだっけ?と確認しつつ河合くんがふわっと仕切ってまずははしごの再現。
はしごしゃがんで忠実に再現しようとするも

塚「しゃがむと見えないね。立ったバージョンで」
五関くん立つ
河「そうだね後ろの人とか見えないからね」
はしちゃんも立つ
向かい合った状態でヴェールをかぶった2人。

(…身長差w)

ここではしちゃん、結婚行進曲を口でやりながら五関くんのヴェールをめくり、誓いのキスのふり
客席「キャー!!」
河「…今お客さんの『キャー』めっちゃ響いたねw」

はしごの再現(?)終わり。


橋「郁人もナイフ食ってたじゃん」
塚「お腹空いてたんだねぇ」

(…え?なんて…?w)
河「ナイフあれ本物だからね!」
はしちゃんスタッフさんから五つ星通常版受け取りナイフをくわえた河合くんのページを出して客席に向かって軽く見せてくれる。
橋「これだ」
通常版カバーの青い帯が橋ちゃんがペラペラめくるうちに片方外れて、落ちそうだなーと思ったら案の定落ちるw

それを五関くんが拾う。
その後見終わった写真集は回収されるのに五関くんは拾ったその帯をずっと持ってた気がするw
河「ナイフ用意しました」

懐から小さいナイフ出す。

くわえて見るも再現というよりただくわえてるかわいこちゃんになっており
戸五「もっと鋭かった!もっと!」

と煽る。
河「荒木さんの前ならできる」

とその場にいた荒木カメラマンの目の前へ(荒木さんが壇の前まで近づいてきてくれる)
荒「もっと上目遣いで」

など、荒木さんの生指示出しが聞けた。

いいのが撮れたか、「オッケー!」の声が上がる。荒木さんイケメン。

河合くんおもむろにさっきの男の子に近づき「ぶしゅう!」とナイフを刺すふり。
「いいリアクション!」
五関くんにも「ぶしゅう!」
五「…いて」
河「なんだよそれー、あの子いいリアクションしてくれたのに。もうちょっとリアクションしろよお」

(ああふみとくん5さい…)


ヴェール再現、戸塚田。
塚「俺たち得意だもんね!毎晩やってるじゃん」
戸「やってねぇよ!どんな関係だよ!意味わかんねえよ!」

(ほんとどういう関係w)
かぶるんだけど再現というよりただかぶってるだけだし塚ちゃんがふざけて、オールバック状態になるようにかぶる。
河「まって塚田顔やばいwwパンストみたいになってる」

河「新しい指示が出ました。『5人でヴェールをかぶってください』だって。だからこんなに大きいサイズだったの?じゃなくて?」
戸「これ本当に使ってたやつ?ってことは台湾のシャワールームの床についてたり…」
河「確かにそうだ…w」
戸「おいにーが、台湾のあのシャワールームの、する気がしてこれは本物だって、撮影当時を思い出すなあ…!日本は綺麗だから。台湾はちょっと整ってなくてね」

5人揃って横並び、下手から戸・塚・橋・河・五。
ここでナチュラリー流れ出す(終わりの合図的な)
河「え、このまま?wwぜんぜんナチュラリーな感じじゃないけどw」

といいつつ締め始めるのははしちゃん。
橋「楽しかったですねぇ、五関くんはどうですか?」とか各メンバーにコメントを振る。
五「あっという間。もっと長くトークショーやってたかったですね」

橋「塚田さんどうでした?」
塚 「あっ、楽しかったです!(もたつく)」
橋「大丈夫?マイク入ってる?」
塚「マイク?入ってるよ」

橋「戸塚さん」
戸「楽しかった。皆さんぜひね、ここでの話とか今日来れなかった人たちもたくさんいたと思うので話してあげてね」

(とっつーのコメントが好きだった)

橋「河合さん」
河「今日はありがとうございました。この後ハイタッチになりますので、係員の指示に従ってください」

トークショー終わり。真ん中通ってお手振りしながら後方のハイタッチゾーンへ向かう5人。

とっつーは振り返って全方向へ両手指差し、お手振りあり。
あと締めた後も河合くん五関くんをナイフで刺してて、相変わらずつれない五関くん。

後ろに行く間ずっとプスプス五関くんを刺してた。(ほんと5歳児w)

 

 

 

あとは私のハイタッチ記録だけなのでレポは以上です。

興味がある方は続きどうぞw

 

 

 

 

 

後ろのハイタッチゾーン、二列になって後方席から順に並ばされ、蛇腹に列を組む。ついたての向こうに河・五・橋・戸・塚の順でハイタッチになるよう並んでる。

 

今回最低でも河合くんにだけは伝えるぞ!と意気込んでたのでトップバッターなのは緊張したけどありがたかったかも。

いつも河合くんって呼んでるけどせっかくなので(?)「ふみとくん」って声かけてみよう、って思ってがんばった。

何度も頭の中でシミュレーションしては照れたw

 

私「ふみとくん、大好きです」
しっかり目を見てくれ、うなずいて

河「ありがとう」

 

ぴぎゃーーーめちゃくちゃ照れたーー!でも言えたーーー!!!

目の前で見た河合くん、とんでもなくかっこよかったです。

この人同じ人類なの…?本当なの…??

大好きなふみとくんに大好きと伝えられたのでよかったです。

 

五関くんにはなんて言おうかな〜?地元近いから言ってみようかな〜?となんとなく頭で考えてたんだけど、いざ言おうとしたらまとまらなくて

「五関くんの地元の近くから来ました(ニュアンス)」ってことをすごくもたついて伝えたら、
五「あ、ホント?」

って返してくれました。でももたもたしてたので軽く遠ざかりながらw


ここではしちゃん少し待たせてしまい申し訳なさを感じつつ
私「舞台楽しみにしてます」
橋「ありがとー」

とっつーへは本当に時間がなくなり
私「おつかれさまでした」
戸「ありがとう!」

本当は舞台お疲れ様でしたってことを伝えたかったんだけどこれじゃイベントのことみたいだな…最後の部だし…orz

塚ちゃんのところも結構早くて

私「舞台楽しかったです」

塚「ありがとう!」

 

でハイタッチが終了しました。

A.B.C-Z ABC STAR LINE TRAVEL CONCERT (10/1-2 大阪城ホール)後半

MCすっとばして後半いきますよ。

 

・Jr.コーナー

関ジュ元気。少クラで聞いたことある曲だったから楽しかった~。

らぶとぅんめちゃめちゃかっこよかった!華があるよねぇ。

 

・Naturally

えびさんめっちゃこういう曲にあう。愛されてるよね私たち!って思っちゃうやつ…「静かな夜が来て」の河合くんに撃ち抜かれる私。すごいいい顔して歌うんだよー…その顔に弱いんだよー…。

 

・1ST STEP

衣装がデニムモチーフのやつに変わるけど河合くん最初片腕だけ通してもう片方肩掛けだけなんだよかわいくなーい????「フゥー!」って声出すかわいくん好き。で階段降りる前に腕ちゃんと通して上着着る(安心)。あと箱に上るときの河合くんは転がるように上って座るのでまじ小動物だし、座って足をプラプラさせるのすごいばぶみだからかわいいしかないんだよね!!つらい。

ここで「ふみきゅんを探せー!」(1日夜は「ふみきゅんを見つけてー」って言ってた気がする)というゲームが始まる。用意された4つの箱のどれかに河合くんが隠れて、残されたメンバーがそれぞれ箱を選び、ふみきゅんを見つけられた人には「いいこいいこしてあげる」ご褒美がもらえて、外れた3人には罰ゲームがある。

1日夜…正解者は塚ちゃん、頭を抱え込むようになでなでして「塚ちゃんの頭いいにおいする」、罰ゲームは五関くんがたこやき、良亮がタイガースのキャラ、戸塚さんがビリケンさんの被り物をして次の曲まで歌う。大サビの入りが河合くんだったのに、ちょっと入り損ねそうになって慌てて「俺だっけ」って五関くんに確認しちゃう河五芸ありました。

2日昼…正解者良亮、またも「いいにおいする」、罰ゲームは五関くんリーゼント、塚ちゃんツタンカーメン、戸塚さんタコ。リーゼントの五関くん見て大サビの自分パート笑いながら歌ってた河合くんめっかわ。

2日夜…正解者戸塚さん。ふみとつ担の胸がざわついて仕方ない中、やるの…?え、河合くん戸塚さんのこともなでなでするの…!?!?って思ってたけど、やった。そんで「うちのグループみんな頭いい匂いする」って言ってたし、なでなでされた戸塚さんうっとり顔してた。低燃費で走るふみとつ担が暴走を始めそうな燃料が投下された。罰ゲームは良亮が落ち武者(「SHOCKで植草さんが使ってたやつ!」ってふみとつが言ってた)、すげーいやそうな良亮「おれこれやだ!」だだっこかよー…かわいいかよー…。「はっしーにあうよ(笑)」ってふみとおにいちゃんに言われても「やだよ!」ってだだっこな良亮まじかわいいーーー…。五関くんはジョーズ、塚ちゃんはリーゼント。

曲の続きを歌いながらばらけて移動するえびさん、2日夜の良亮はふてくされながら外周歩いてバクステ向かうんだけどしぬほどかわいい。こりゃ甘やかすわ。スタンドのお客さんに向かってむくーって顔してトボトボ歩いてんの。はしもとりょうすけ産みたい。

 

・渚のBack in Your Heart

ペンラ遊び曲。光る球体付きのブランコに乗ったえび。河合くんのアナウンス「ここからはペンライトを使いますので皆さんいったん電源をオフにしてくださーい」一斉にオフる客席できる子。「今回のA.B.C-Zのペンライトじゃなくても、去年のとかでも同じように光りますのでぜひ一緒にやってくださいね。6個目の色が今回は白なんですけど、去年のだとランダムに5色光ると思うんですけど、気にせずやってください。ほかのグループのペンライトの方は、もしいらっしゃいましたら、今すぐしまってください(笑)うそうそ、気にせず一緒にボタン押して参加してください」ってやさしいよね…。2日昼は「どれぐらい今回のペンライトが売れてるかわかるのでー」と冗談半分に言ってたwww

合図はずっと河合くんが出すので「せーのっ!」って言ったすぐ後に自分のパート歌ったり、歌うのやめてせーの係してる河合くん、代々木ではここ歌わないの残念だなぁとか思ってたけど、ほかのメンバーの声を気持ちよさそうに目を閉じて聴く河合くん見てたらそんなことどうでもよくなって幸せが満ちてきましたありがとう。あとブランコ乗って上から会場を見渡すえびさんたちみんなペンラの一体感に幸せそうな顔してたのもぐっと来た。

 

・へそのお

塚ちゃんの曲前のトークがほわほわしててとにかくかわいい「この曲は皆さんにぜひ一緒に歌ってほしいので…一緒に歌ってください」すらすら言葉が出てこなくたって文章がおかしかったって気持ちがあったかくなる塚ちゃんの声ってすごい魔法みたい。

きいろいピアニカでイントロを吹くと、ガキヒロの伴奏が入る!客席の歌声もすごくよく聞こえて、幸せ~な時間でした!

 

・Crazy about you

の前に、大阪ではhazy loveが入ってワンコーラス歌ってからくれいじあばちゅー入る。良亮やっぱソロコンで力付けた感すごくて、前からそうだったけどより一層会場をカッコよさで包み込んだ。気持ちで踊る良亮!って感じがすごいした。めっちゃカッコいい。

 

・映像ミニコント~日替わりメドレー

レインマンと五関くんが繰り広げる小芝居。毎回五関くんがトレインマンを馬跳びするのが効果音込みでかわいい。

1日夜…ボクの穴、彼の穴の塚田くんに届いたカード、特別な君へ・メクルメク・Desperado

2日昼夜…五関くんに届いたカード、Tomorrow・Crazy Accel・In The Name Of Love

代々木でもすごかったけど、選曲神だよね…。アリサマ入れなかった私としては特別な君へ、メクルメク、In The~が生で見れてすごくうれしかった!デスペもクレアクもぶち上がったしTomorrowは昼の衝撃ったらなかった!それは涙腺を刺激されるやつだからお客様おやめくださいお客様お客様ああああ!!!

 

・Rock Youw World

トランポリンすごい。飛んで前宙バク宙キメる我が軍回転が綺麗すぎてすごい。歌声の色気もすごいしダンスもセクシー。河合くんめっちゃいい顔する…。代々木では気づいてなかったんだけど、中央トランポリンで跳ねてそのまま壁にへばりつくふみとつの小動物感やばい超かわいい!!!!!塚ちゃんのウォールトランポリンは1日夜は登り切れず、2日昼は登り切れなかったんだけど塚ちゃんが「もうちょっとやらせて」って曲終わった後再チャレンジ。「つーかーちゃん!つーかーちゃん!」ってコールして2回戦するんだけど登れずで悔しそうな塚ちゃんと「十分すごいよ!!塚ちゃんに大きな拍手を!」って言う河合くんやファイトをたたえるえびたちを見てすごい胸が熱くなった。2日夜は大成功!塚ちゃんほんとにすごい!!!!!感動をありがとう!!!

 

・Great 5

熱量そのままにこの曲持ってくる構成激熱。俺ら世界最強のGreat 5!!!!!ペンラを振り乱す!!!!!(っていう気持ちで迷惑にならないようにやさしく振ってる)

 

・Finally Over

この曲で五関くんがすごいテンション上がってるときのこういう動き!っていうのを五関担のお友達に教えてもらってからすごい五関くん見ちゃう。そんですごいテンション上がってる五関くんめっちゃカッコいい。

 

・Fly a Flag

いよいよ来たか…A.B.C-Zの山場!クライマックス!振り絞れ~~~~!!すべて振り絞って踊れ~~~!!って気分にさせられる。キレと気迫が半端ない。屋良っちありがとう…!言葉が出てこない良さでほんとに…とりあえず少クラ見て浸ろう…。

ノイズが紛れ込む五関くんはすごい歓声でしたね…!!

 

・世界一

センステの光剛山でメンカラのロングコート(肩に羽ついててかっこいい!)はおるえびさん。河合くんだけ腕通さないで肩掛けなのほんとつらい…かっこよすぎる…1日夜は河合くん正面に見る席だったので超ロックオンしてたけどほんといい顔して歌うの…幸せそうだしやさしいし強い決意が見えるし手を放したくない感じ…。

2日夜、「皆さんすごく声出してくれて、曲の終わりとか声出してくれて本当にありがとうございます」って挨拶して来てもう僕の心のやらかい場所を締め付けてくるー…。河合くんの背中を見つめる席だったのでずっと見つめていたらその背中に一生ついていく…!って思いました。A.B.C-Z一緒に大きくなろう…!

あと2日昼「A.B.C-Zつらいです、きついです。でもみんなに見てもらいたくてがんばってます」って良亮が言うんだけど、うんうん、そうだよねって思わずうなずく運動量だからほんとに…!これからもついていくからね…。

河合くんパートがもともと大好きで聴くたびキュンキュンしてたんだけど、モニターで映される河合くんがほんとに素敵で…「疲れた時は一緒になって少し休もう 焦ることは何一つないんだから二人の歩幅で長く続く道を歩こうね 僕ら」って……(号泣)

「ぼくーらー」のところで毎回モニター越しにウインク決めてくる、そんなアイドル河合くんが大好きだよ……。

 

A.B.C-Z LOVE

河合くん1日は頭にタオル巻いてなかった?あれ2日昼だっけ?あとの2回は安定のタオル巻ききゅんだったと思うんだけどどっちも好きだから…好き…!!1日夜の戸塚さん「抱かせろよ」がゼロずれでしんだ。つーかだいたい戸塚さんの一言にやられて自担の一言覚えてない←

塚ちゃんが五関くん紹介ラップ歌うんだけど歌詞変えてきてるのではいいけど何を歌っているのか全く分からなくてカオスだったwだからか1日夜は「ごっちーごっちー」のところを「塚ちゃん塚ちゃん」って良亮が間違えちゃって「あ、ごっちか!」ってスゲーひっちゃかめっちゃかになってた!アンコール感あって楽しかったけどwww

あと1日夜は良亮がAmazonのたてがみつけてきて「あまぞん橋本です♪」って言っててめっちゃごきげんぱりぴ。

 

・Take a "5" Train

いまこそダンシング五関先生の振付をやるとき!ちゃんとやったよー!最後が一回もうまくいかなかったよー!(笑)めっちゃたのしいよー!!!もうこの辺記憶がぶっ飛んでしまってよく覚えていない。

 

・Shower Gate

2日夜のWアンコのみ。五関くんが私服着てきてくれてめっちゃスタイリッシュ!チョーカッコいい。センター花道をランウェイに見立ててウォーキングしてて、すげぇノリノリなのめっちゃおもしろかったww

あと良亮がもうわけわかんなくて「ぱりぴっ♪ぱりぴっ♪」って歌ってる?のがすごかったww

塚ちゃんと良亮でラップバトルみたいになってたけどどっちも同時にいうから成立してなかったし、「おつかれ」「おつかれ」みたいなやり取りしかしてなかったと思うからまじカオス。

最後五関くんに向かって超楽しそうにゲイしてた河合くん。超楽しそう。

なんでもあり感すごかった!

 

 

大阪だからなのかえびさんたちの解放感もすごくて、いつにもまして自由だし、あと河合くんがWアンコで「今回皆さんすごい声で、デシベル?いちばんだと思いますアンコールの声が…」ってしみじみ話しててねぇ…。えびさんたちによって声を出した私たちがえびさんたちを喜ばせることもできていて、双方向に楽しくて幸せしかない感じ?すごいなって。目の前の彼らは嘘偽りのないありのままの姿なんだって感じさせてくれるし、絶対大きくなるよ!って思った。最高のコンサートでした。いい距離感だったなぁ。

A.B.C-Z ABC STAR LINE TRAVEL CONCERT (10/1-2 大阪城ホール)前半

大阪お疲れさまでした。

感想をまとめようと思って今編集画面に打ち込んでいるのですが正直ちゃんと言葉にできるかわかりません。

全体的に代々木の時より完成度が高まっていて、しっかり準備された感のある大阪。

えび座の稽古もあったろうに…えびさんまじでお疲れさまでした。

では順を追って書いてみます。

 

・OP映像

レインマンキターーーーーーー!!今度河合担で集まって「トレインマンだ」のポージングキメて写真撮りたい(大阪でやればよかった)

ハシ、キク、塚田くん、宗介さん、もぐもぐごっち、が一堂に会するこの映像がライブ映像化の際に入ることを願ってやみません。権利関係まじがんばって…!

とりあえず今度ジャニショ(正規のほう)で戸塚くんの3番と橋本くんの2番(だっけ?)買いたいと思います。

 

・Take a "5" Train

キャーーーーーーーー!!!えびキターーーーーーー!!!!

片手にペンラ片手にうちわだったので邪魔にならない程度にダンシング五関先生の振付を踊りながら見る…つもりだったんですが、

まって、河合くん、なにあの髪型…!

セットしてない感じ、そうあの洗いざらしのサラストきゅん、長めの前髪が目にかかっていて超絶イケメンだったんですよ………

日頃から河合くんかわいいbotの私が「河合くん!?!?!カッコいい!!!!!まじむり!!!!!!かっこいいいいいいいいいい!!!!!!」

って叫んでいた気がする(もはや記憶が)

そして戸塚さんが髪を切ってさわやか好青年になっていたことにさらに衝撃を受けた。

1曲目からテンションがぶち上がってしまったので全体的に歯止めが利かなくなりました。

 

・今日もグッジョブ!!!

曲に入る前に河合くんが「ぐっじょぶぅ~♪」って言うじゃないですか。

可愛いしかないですよね。つらいです。

振付がとにかくもうかわいいー…そしてマネする。楽しい。

一緒に踊れるっていうのはこんなに楽しいものなんだなぁとこれから続くえびコンにさらなる期待を寄せる瞬間。

Aメロ河五の背中に塚ちゃんが乗って歌うくだりは1日夜と2日昼とももたもたってしちゃって歌い始めがうまくいかないかわいさが爆発していたんですが2日夜はしっかりキメてきました。塚ちゃんありがとう。

 

・Fantastic Ride

皆さんの上着を脱ぐしぐさが一つの見どころでした。まぁ目が足りないんですけど。

五関くんの見せつけるような脱ぎ方を片目で見てふおおおってなりつつ河合くんの暗転中の衣装替えさながらの作業脱ぎにきゅううんってしてた気がしないでもないんですがこの辺もうただの妄想かもしれない、記憶脆い。

3曲目でこの雰囲気持ってくるなんて大人っすよね。

河合くんこの曲のダンスすごい好みだった気がする。

 

・EVERLASTING LOVE

メインステでしっとり歌い上げるえびさん。皆さんどの瞬間をモニターに映されても絵になるんですけどこういう曲の時の河合くんの表情すごくやわらかくて惚れる。

でさ、曲のラストのはしとつタイム、1日夜と2日昼は、アー見つめあってる近づいた手握ったあああああ!!ってなってて十分沸いたんですが、2日夜は様子がおかしかったね?????

少女のように振り向く戸塚さん、ゆっくりと近づく良亮、そして体をこちらに向かせ、戸塚さんの髪をなでる良亮、ふと戸塚さんが顔を上げると至近距離に良亮の唇が…

ってオイ別に変な小説書いてるんじゃねぇよありのままを話すぜ!

あわや濃厚なキスになりそうだったので慌ててよけた良亮、戸塚さんがそのまま抱きつくので慎重さと角度で良亮の右首筋に顔をうずめる戸塚さんとやさしく抱きしめる良亮…。

一段落して笑顔を交わしながらはけていく二人まで含めてかわいいくだりでした。

一部のこじらせてるかたはしんでしまう案件だったと思う。ご愁傷さまです。

 

・塚五ダン

らぶとぅんの演奏~ダンスパフォーマンスからの上手上段塚ちゃん、下手上段五関くん登場。ポールを伝って降りてくるじゃないですか。めっちゃカッコいい。

そんで塚五のコンビネーションを余すところなく見せつけられる感じ、えびのパフォーマンスの土台を担うこの二人をセットで踊らせてくれてほんとありがとう。最高です。

ダイナミックに動く塚ちゃんと、軽さとキレが半端ない五関くんの対比もおもしろくて、塚ちゃんが五関くんを持ち上げるのとか二人で手を引きあって立ち位置入れ替わるのとか、とにかくもう何度も見たいので早く映像出ないかなー。

下手から河合くんが登場して「皆さん盛り上がってますかー!」「もっともっと!盛り上がってますかー!」からの声出しタイム。

今回のツアーはこういう時間が多くて、えびもお客さんにどうやって声出して盛り上がってもらおうか考えてんだなぁって感じている。

この時のC&Lが河合くんとお客さんの「A.B.C-Z!」合戦だったんですが、河合くんマイク通して声裏返るくらい出して煽るのでこっちも声出さなきゃ!って気持ちにさせられました。河合くんかっこいい。でも紫のバンダナ首に巻かれててかわいい。

 

・僕らのこたえ~Here We Go~

モニターに映されるステージ上のえびさんがモノクロのざらついた映像だったのがかっこよかった!河合くんどの曲でもそうだけどすごい楽しそうに踊る~!動く~!ターンするときの首のひねりとかポジション移動するときの跳ね具合とか見てると超楽しい曲。

 

・PRIODO

メインステから各メンバーが散らばるので疾走感がすごい曲。イントロの「WOW~」で河合くんが「一緒に!」って毎回煽ってくれるの超好き。そんですごいあっという間に終わる曲。

 

・Revolution

「起こせれぼりゅーしょーーーーん!」で5人が一斉にフライングするのほんと気持ちいいよね!私もカラオケで飛びたくなるんですけどどうしてくれるの!!

サビの一体感もすごい気持ちいいし、ってかタオル回したい系だけどペンラノリノリで振るし楽しいよ~!!サビ終わりの「HEY!HEY!HEY!」って合いの手入れるのKinKiのろけっとめーん思い出す(わかる人はわかると思う)。楽しい。

 

・V

1日夜…新衣装(安定の某ブランド)がハイネック?の淡いブルー系ボーダーで髪型も相まってジブリ感すごかった。天沢聖司くん…?あとVの前何か歌ってたかしました?もう衣装チェンジの衝撃で記憶が消え去ってるんですが…。

2日昼…上裸。待てよ昨日とのギャップ考えろよ高低差で耳キーンなるわ。いい体見れて楽しい。曲入る前にV6兄さんの「太陽のあたる場所」のラップ部分をつか舞台ばりに腹から声出して叫んでいた。気持ち入ってた。ダンスもらぶとぅんとすごく楽しそうだったのでかわいい連呼してた私。

2日夜…代々木と同じ衣装に戻った。曲前寝盗られのセリフ(しかもジミーの)を叫ぶ宗介さん。ダンスがかわいい。戸塚さんテンション高いぞ!

というどれが正解なのかわからない日替わりメニューだったとつソロ。どれも正解ですよねすいません野暮なこと言って。どの回もバンダナ巻いてなかったね。

 

・To Night's love

五関様…アァ五関様…!鮮やかな青いスーツを身にまとい白いハットを目深にかぶられるそのお姿でスポットライトを持つJr.を従えて操るさまが帝王感漂いすぎて、五関様の会場支配すごい。サビでセンター花道進んで来るのとか大好きだし、センステで下手向き、上手向きで踊られるのほんと庶民へのお手振りする帝王感。お手振りどころじゃなく踊ってるんだけどね当たり前だけど。周りに従えてるJr.大きいからおっと五関くんのミニマム感…とふと感じてはかわいさに見悶えてる。

 

ダンスメドレー

ごせソロセンステでフィニッシュからの暗転、バクステに現れる4人の姿が超カッコいいんですよ!!!上手花道河合くん、下手花道良亮、センター花道戸塚田にばらけてダンシング移動。戸塚田のチプデ感超かわいい。そしてセンステで着替え終わった五関くんの独壇場、ウォキクライントロミックスに合わせて優雅ダンス、戸塚田合流、サイド花道のはしふみは暗転。ここでもか!と思ったのがウォキクラの間奏から大サビに入る部分で曲に合わせて照明がメンカラに1個ずつ切り替わる演出、はしパラで見てすげ~いいな~って思ってたけど、これえびコンでもやってたんすね。てかこれ安定ですか結構?すごく好きです。からのメインステ集合。BIG STARでキレッキレのダンス。えびのダンスパフォーマンスのすごさを楽しめるめちゃくちゃいい構成でした。見終わった後の満足感すげい。

 

・Secret Lover

からのシクラバはまずい。良亮のソロダンスから高まる色気。この曲の河合くんやばくて、モニターアップになるたびに悲鳴を上げた気がする。前髪が目にかかって色気が!やばい!アァ泣きそう無理。間奏からの戸→河→橋で歌うパートあるじゃん、あれで「見え透いた嘘も信じさせてよ」の河合くんからの良亮パート中に良亮がアップになるモニターに映りこむ河合くんにやられまくっていた。色気というこん棒でたたかれすぎてしぬ。

 

・雨上がりに手をつないだら

イントロのキラキラ感が大好きな曲なんですがそんときメイン側からさーっと7色にライトがバック側へ伸びて会場に虹がかかるのがめっちゃキュンとしていました。あと歌うとスタンドマイクが光るんですよお!5色のスタンドマイクが綺麗でねぇ…河合くんの顔が綺麗でやさしくて包み込まれるんだ…。うええん河合くんかっこいい(泣)

 

花言葉

イントロですでに泣きそうになるくらいここ最近大好きな曲なんですけど、ちゃんと花言葉衣装のシースルートレンチ着てくれたのすっごいうれしい。あの衣装ひらめかせて花言葉踊るえび大好きなんだ。河合くんの「ずっと君を守るよ どんな時も」の安定感やばい。てか河合くん歌めっちゃ安定してる。声綺麗に伸びてる。うれしい。すごくうれしい。(みんなコイベビの成果だねって言ってくれているよ、よかったね(泣))

サビ歌いながらセンステ向かうんだけどみんなで歌いながら歩くの弱い芸人だからこの曲でも見れたのすごいうれしい。

 

・DREAMIN'!!

待ちに待った曲!!これ一緒に踊る幸福感半端なくてここがユートピアだった。うれしい!たのしい!大好き!!!って気持ちでいっぱいになって、みんなかわいいの!!ディズニーランドのパレードみたいだ…。間奏で「いち、にー、さん、しっ、にー、にー、さん、しっ」ってカウント取ってくれる河合くんめっかわ…!そして曲終わりのキメは5star☆☆☆☆☆

 

・Za ABC ~5stars~

代々木に引き続きイントロで河合くんの曲紹介「この曲は僕たちのデビュー曲です。僕たちはDVDでデビューしました。ぜひ一緒に歌える方は歌ってください!」ご新規様にやさしいえび。2日夜の「つぶやく君は」で声出てなかったのかはしちゃんおこ「お前らもっと声出せー!!!」(いやキー低いんだよ)というのは心にそっとしまって「足早にゆく」をがんばる健気な客席。はしちゃん「よくできましたっ」って言ったような気がするんだけど気のせいかな?妄想かな?ツンデレ駆使する末っ子っょぃ…?

バクステに移動しながら曲ラストのコーラスの英語部分を裏声で歌っちゃう河合くんめっかわ…2日夜ははしちゃんも乗っかってた気がする。はしふみ楽しそう。そしてジャガーズから逆輸入した曲の終わりがわからないA.B.C-Zをやる本人たち。2日夜は河合くんが一回一回小声で「キマった」「キマった」って言ってた超かわいい。

 

・ずっとLOVE

バクステからアリーナトロッコとスタトロに分かれてメインステに移動。2日昼アリーナだったんですが河合くんが真横を通ってしんだ。河合くん綺麗(泣)戸塚さんも真横を通ったんですが友人が指差しをもらった!戸塚あいしてる!!河合くんも空間ファンサでお手振りしてたからね!かわいい…綺麗…まってやばいむり…しぬ…(この後の曲を忘れて私は「あー河合くん河合くんあーあーあー」って震えていた)

 

・S L Boy

(うわ、ちょっとまって、次ソロ!?かわいくん!?えーーーーーまってむりむり…ってなってた2日昼は置いといて)

目がなんか儚いのほんとやめてほしいうそです最高です河合くんかわいい。ロデオボーイの腰つきはえろす。このソロほんと河合くんが渋滞してるから交通整備頼むよ…!まつ毛は長いのにの振りがかわいいのと、いけいけいい男で渾身のキメ顔するのまじ高低差で耳(ry あとロッカーで音をキクの「キク!」って合いの手と実は少し出っ歯「はっはっはっはー」って合いの手いつからあった?代々木もあった?シュールだなぁ…w

曲間の先輩曲パートで夜空ノムコウのイントロ流れてきて1日夜はまじでおったまげた。ひえええええええええ(泣)サビをまっすぐなまなざしで歌う河合くんにはもちろんおふざけする気なんてさらさらなくて、心を込めて「あの頃の未来に僕らはたっているのかなあ」と歌っているのです。あえてそのパートを持ってくるところにも河合くんの本気さを感じ取れる…。「Wo~」って目を閉じて歌う姿も「べいーべ~」って兄さん意識する姿も、そして「偉大な先輩方のように僕もスーパースターになって羽ばたきたい!」と語る姿もすべて目に焼き付けたい。2日夜には「偉大なSMAPのように」ってしっかり名前を出して河合くんの想いが痛いほど伝わるよ。

飛んだあとひゅんひゅん上下させられる河合くん本当に心配しちゃうからやめたげてえ…。

 

 

前半でいったん終わります。

改めてブログを始めた話

はてなブログは前に1度作ってみたことがあるんだけど、

2記事だけ書いてしかも放置してしまったから仕切り直すことにしました。


改めまして、よーこです。

2002年からKinKi担、2012年からえび担の掛け持ちジャニヲタです。

ふみっちょ。の名前でラジオにメールを送ったりしています。

社会人です。


思ったことはだいたいツイッターにつぶやいちゃうんだけど、時間があるときとか、

長くなりそうな時はなるべくこっちも使いたいと思いますよ。